家を売りたい | 中古住宅・リノベーションのグッドエステート湘南

Sell

物件売却の流れ

不動産を売却するときの一般的な手順をご説明します。

売却相談

不動産は決して同じものはなく、世界にたった一つの一品ものと言えます。
まずはお電話やメールでお問合せください。その際、購入当時の図面関係があればより正確な査定ができます。法律や税金等、売却する際に押さえておかなければいけないポイントがいくつもありますのでまずはお気軽にご相談ください。

不動産調査、価格査定

対象不動産の現地調査を行い、査定報告書を作成いたします。
不動産のプロがお客様の財産である不動産をしっかり査定し適正な価格を算出致します。
※買い取り希望の方は別途ご相談ください。

媒介契約(売却スタート)

不動産売却の条件面等が整ったら、いよいよ売却活動を行う手続きを進めます。
販売を依頼する不動産会社と媒介契約を結んでいただきます。媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、 メリット、デメリットを理解し決めていただきます。

売却活動

不動産を売却するには、情報を発信して宣伝活用する必要があります。昨今ではインターネットの普及が高まり、インターネットでの情報発信は必須と言えます。
その他に折込広告やポスティング、販売方法は多岐にわたります。
売却活動の状況を売主様へ報告致します。

売買契約

販売活動で買主様が見つかったら、諸条件の交渉となります。売主様のエージェントとなり色々な交渉を円滑に進めていきます。条件面が合意した時点で売買契約を締結していきます。

引渡し準備

売買契約が完了しましたら引渡し準備に入ります。お荷物の整理や引渡しに際しての必要書類等の用意をします。売却に際して難しい権利関係等がある場合には不動産担当者と打合せしながら進めていきましょう。

決済(引渡し)

一般的には金融機関に集まり司法書士立ち合いのもと売買代金を受け取り、鍵や権利証など所有権移転に必要なものを買主様へ引渡し、不動産の取引完了となります。